登下校時の見守りコンシェルジュ?変なおばさんが出没します。

小学生のときの一番の思い出は?

本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

えっ1クラス28人で1クラスしかないの?

これは一昨日の小5の男子生徒(結構美少年!)との会話のやり取りです。

私は地域見守りの一環として、子供達が下校する時間帯に合わせて散歩をするのですが、独りぼっちで帰宅していた男の子が居たので話し掛けてみたのです。

そして自宅までお付き合いしました。(ここか。())

それにしても減ったなぁ。

今年の3月までは、列が途切れる事がない程の子供達が、歩道を席巻して登下校していたのに。

それが、今ではポツリ、ポツリ。

この変わり様は何?

実は、5年程前、少し離れた地域に新興住宅地が開発され、一気に私の校区の小学校に子供達が流れ込んだのです。

突然マンモス校と化しました。

全校生徒が1000人を超え、かつての繁栄を取り戻したかの様でした。

(o)

ですが、

今年の4月に新興住宅地近くに小学校が開校したんです。

それにより分校となり、再び廃校寸前へとリバースしてしまったのです。

その男の子に話を聴くと、今迄一緒に帰っていた友達と離れ離れになり、同じ方向の子が居なくて寂しい。

(ダメ!おばちゃんに仔犬の目で話し掛けないで。)

と言っていました。

確かに1クラス28人なら、男の子は14人位、その中で同じ方向、気が合う友達、となればなかなか見つからないかも知れません。

この様な状況であれば、幼い子供達を誘拐するのは難しい事ではなさそうです。

(つい魔が差す、とかありそうです)

一人で帰りたくなくても、一人で帰らざる終えない子供達。

危険がいっぱいです。

ご家族の方も子供さんが無事に帰宅するまで心配だろうな、と思います。

だけど、帰宅する頃には、お仕事で不在にされているご家庭も多いと思います。

(皆さん住宅ローンを抱えてらっしゃるでしょうから。)

一人で帰り、一人で玄関の鍵を開け、一人で留守番をする。

遊ぶ約束をする友達も居ない。

ご家族が帰宅されるまで、どれだけ寂しい思いをしているのでしょう。

大人の私でさえ、会話する人もなく、独りぼっちで家に居ると、人とのふれあいに飢えて、孤独と虚しさを感じる時もあります。

それがまだ幼い子供の身に降りかかっているのかと思うと可哀想です。

ただいま

お帰り

こんな何気ない会話のやり取りだけでも、子供達の情緒安定に繋がっていると思うのです。

なので、私は地域の子供達に積極的に声掛けをしています。

本当は、自分の子供達を幼稚園の年長から鍵っ子にしてしまったことに対する呵責と、寂しい心の穴を埋めて居るのかも知れません。

せめて小学校の間まではお帰りと笑顔で迎えてあげたかった。

でも、あの頃、私が働かなくては家計がママなら無い状態だったのです。

夫の勤務先が倒産したのです。

(父さん。と呼ばないで!)

やむなく、私はまだ幼い子供達を犠牲にしてしまったのです。

子供達だって、学校や幼稚園でそれなりに辛い事があって帰宅していたと思います。

それなのに、ママは家に居ない。

ママ、家に居て

幼い子供達の、あの時の言葉が、今も昨日のことの様に思い出されます。

もっと色んな事をして上げたかった。

今は、有り余る時間があるのに、愛情を注ぐ対象が居ないんです。

人生とは矛盾したものですね。

失った時間は取り戻せないけど、あの頃の娘達にしてあげられなかった事を、今、ほんの少しだけ他所様の子供さん達にさせて貰ってます。

もしかしたら、この子にはお帰りと笑顔で迎えてくれる家族は居ないのかも。

なんて勝手に判断して、昔の娘達の姿と重ね合わせてしまいます。

皆さんも、ワンちゃんの散歩などはなるべく子供達の登下校時に合わせて行い、地域見守り隊にご協力お願いします。

そして出来ればお帰りと声掛けをして下さい。

自己満足かも知れませんが、心のふれあいも生まれます。

ただ、最近は子供達も知らない人が話し掛けてくると、一瞬警戒するんですよね。

今はそれ位が丁度良いとは、思うのですが。

変なおばさん出没、注意!なんてプリントが配布されてないか、ちょっとだけ気になります。

()

PS初めは戸惑いを見せる子も居ますが、ほとんどの子が挨拶を返してくれます。()