小説「失踪症候群」貫井徳郎

あらすじ

失踪した若者たちに共通点がある。

その背後にあるものを燻り出すべく、警視庁人事二課の環敬吾は特殊任務チームを召集する。

私立探偵・原田征一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄。

三人のプロフェッショナルは、環の指令の下、警視庁が表立って動けない事件を、時に超法規的手段を用いても解決に導く。

失踪者の後を追った末、ついにたどり着いた真実とは。

悪党には必ずや鉄槌を下す。

痛快な作品である。

悪党を追い詰めるためならば、いかなる手段も用いるというのが非常に魅力的。

しかも水面下で動いているのは、警察に協力をする一般人。

悪に鉄槌を下す様が読んでいて、小気味良い。

中々面白かった。