夏休みの子供と過ごす方法その1

その1、とか書いちゃって

その2以降が無かったら

笑える。。。

我が家は

子供が4人。

もう既に

下の子(双子)が

小6なので

朝から晩まで

ずーーっと一緒に、

ということはなくなったけど

子達は

なつやすみ!

でございます。

思い返せば

幼稚園卒園まで、とか

低学年の頃までは

児童館に連れていったり

公園に連れていったり

図書館に連れていったり

雨だったら

家で軟禁状態だったり

したな、、、

したわー、、、(遠い目)

めんどくさかったわー、、(爆)

小さいお子さんのママ達は

今もそんな感じなのかな

あるいは

イライラしたり

些細なことでムキーー!ってなったり

私ばっかり、、とか

で、

あとで

私ダメだ、って凹んだり。

人間だもの。

そんな時もあるさ。

でも、

しんどいよねー。

リラックスしたいよねー。

あ、

そうそう

過ごす方法だったっけw

えーと、

まず

自分の子が

行動派なのか

慎重派なのか

そこは見ていて(なんとなくでも)

かると思います。

で。

行動派の子の場合

体力使わせた勝ちですw

そして、短期集中をお持ちかと思われます

その場合、

公園や広い場所で

葉っぱや石、枝など

公園の中で目にするものを探索収集。

例えば

緑で回りがギザギザですごく綺麗な葉っぱ

とか

ツルツルで触って気持ちよくてちょっとまるーい石

と、お題を出して

探してきてください!隊長!

と伝令。

参考に1個、こういう感じ。って見せてもいいし。

で、

ママはベンチやシートに座って

隊長!私は基地を守らねばなりません!

ここまで持って来たら、私が基地と宝物を守りますので!

ここでずーっと座るのもいいですが

たまに子供と探すのも子供的に楽しさ倍増です。

持ってきたら

すごい!これはに見えるね!

これのいいと思ったポイントはどこですか!

とか

もっと大きいの、色が違うの、形がこういうの

など広げていくことも深めていくことも

子供をノリノリにさせる技の一つです(笑)

そして、また探してーでもいいし

時間決めてやってもいいし

バケツを持ってある程度の量になるまで探してもらうも。

お帰りの際には

全部、となると結構なお土産になるので

三つまで、とか

小さい袋に入るまで、とか

または

また来るまで隠しておこうぜ。と埋めておくのも

いいかと思います

(我が家は隠しておこうぜでしたw)

次に行く時まで忘れてたりする。

炎天下の元では

帽子と水分は忘れずに。

集中すると

子供は忘れるのでw

そして、

くれぐれも見える範囲での探索収集を。

方法の一つなので

確実に、という保証はしませんが

やってみるのも手だと思います

長い夏休み、

ママさん、ゆるゆるーっとねー