(今頃?)映画「シン・ゴジラ」を観る

ファースト・シーンから観ていますが、見せ方が上手い。上手です。

出没の予兆から、政府の対応を並行して描くにしても閣僚の思惑まで絡めているため、大人が観ても面白い。

登場の仕方、形態の変化、等々。それを観察すること自体がスリルに満ちているところも、庵野の狙いだろうが、見事成功している。

対応が遅く、何も決まらないところは、今の政府や国会などを見ても現実味たっぷり。

すでに多大なる被害が出ているのに、政府のあの対応はひどいですね。

現実問題として描くと、こういうことになるのですね。

それにしても、さすが庵野秀明。見せ方が上手い。

全編にぴいんと緊張の糸が張っているのが感じられる。それが何より素晴らしい。

放射能

日本人の放射能への恐怖は半端なものではない。

緩急の使い方も巧み。

うわあ、またゴジラが変貌。何をする気だ。

東京崩壊。

今思ったのですが、ゴジラ巨神兵のようです。

庵野の主張は日本独自の防衛システムではなく、アメリカをリーダーとする多国籍軍の介入など、安保条約の延長線上に存在するのはこういうことだと言いたいのかもしれない。

東京への核攻撃。

だけどひとつ抜け落ちていることがある。

まだ当局は、ゴジラがどんな生物なのか完全に把握しきっていない。

それに都民の多くは地下街に閉じ込められており、避難が完了していない。

どうするのだ。

血液凝固剤が通用しないとなると?

おっ、つくばが出た(まだ観ていない方のために、言及はここまで)。

それにしてもゴジラを新生物として解釈すると、これほどスリリングなことになるとは。

脱帽です。

脚本・総監督:庵野秀明