【銀行】金融資産5億円以上の7.3万世帯、資産75兆円 三菱UFJグループ「超富裕層」狙い、新組織 エース級を集中 [無断転載禁止](c)2ch.net

【銀行】金融資産5億円以上の7.3万世帯、資産75兆円 三菱UFJグループ「超富裕層」狙い、新組織 エース級を集中 [無断転載禁止](c)2ch.net

http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1503365900/

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、金融資産数十億円規模の「超

富裕層」の顧客を対象としたサービスを強化する。年度内にも、傘下の銀行、信託、

証券各部門のエース級社員を集めた新組織と新ブランドを創設し、資産承継など顧客

ニーズに合ったサービスを拡充する。みずほFGや三井住友FGも体制強化を進めて

おり、国内で未開拓とされる超富裕層向けビジネスが熱を帯びそうだ。

傘下の三菱東京UFJ銀行(BTMU)、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガ

ン・スタンレー証券で超富裕層の顧客を担当してきた社員の中から、経験や業務知識

の豊富な計50〜100人の特別合同チームを編成する。顧客の同意を得て銀行、信

託、証券の間で情報を共有。顧客がオーナー経営者の場合は、個人資産や経営する企

業の財務状況、ニーズを把握し、資産承継などのアドバイスを行うほか、グループ横

断で投資信託など最適の商品を提案し、株式売買の指南も行う。助言を通じてグルー

プの金融商品の販売拡大につなげる考えだ。

MUFGはこの分野で2023年度に16年度比500億円の収益増を目指してい

る。グループ全体では、情報技術(IT)を活用した先進金融技術フィンテックで業

務の自動化を進めているが、超富裕層は、人間関係が特に重要な部門と位置づけてい

る。グループ幹部は「豊富な業務知識に基づく提案力で、いかに富裕層の顧客と強固

な信頼関係を築けるかが鍵だ」と語る。

超低金利で既存の貸し出し業務が苦戦する中、超富裕層は一度顧客になると収益規模

が大きいだけに、他の大手金融グループも獲得に力を入れている。みずほFGは今年

4月、みずほ証券に富裕層を対象としたプライベートバンキング部を新たに設置、み

ずほ銀行、みずほ信託銀行とのグループ内連携強化を急いでいる。三井住友FGも4

月からグループ企業を横断する形で事業ごとに戦略を立てる「事業部門制」を導入し

ており、傘下の三井住友銀行とSMBC日興証券の営業担当同士の協業を加速させる

方針だ。

野村証券の銀行担当アナリスト、高宮健氏は「銀行、証券、信託の垣根を越えて精鋭

を集めてチームを作り、総力で取り組むのは新しい試みだ。超富裕層向け事業の収益

は安定性があり、収益を上積みできれば経営への意義も大きい。専門性の高い欧米の

銀行に追いつけるかが課題になるだろう」と話す。【宮川裕章、岡大介

◇超富裕層7.3万世帯、資産75兆円

野村総合研究所などによると、金融資産5億円以上の超富裕層は2015年時点で7

万3000世帯、金融資産保有総額は75兆円と推計される。株高などで11年の5

万世帯、44兆円から大幅に増加した。邦銀はグループ内の組織の縦割りが壁とな

り、超富裕層向けサービスは「未開拓分野」(大手銀行幹部)だった。縦割りは解消

されつつあり、オーナー経営者の高齢化によって、事業承継サービスなどへの需要も

高まっている。

配信 8/22(火) 8:00配信

毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000008-mai-bus_all

http://jump.2ch.net/?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000008-m

ai-bus_all