次男坊がいると初詣もろくにできない世の中?

次男坊、年少。ASD自閉症スペクトラムですが、

ADHD要素も持ち合わせている感じがします。

(多動ではなく、不注意)

さて、

長男次男坊をつれて

初詣へ行きました。

お参りをしたほんの一瞬

あたしは次男坊から目を離しました。

時間にして、2秒ぐらい。

その一瞬に

次男坊、横にいたおばさまに

なにかをしたらしい?

(何をしたかはわからないけど

たぶん、タッチした?)次男坊やりがち。

結論言えば、

おばさまに怒られたんだよね(;

人がおまいりしてるのに、

聞き取れず

謝ってその場をあとにしたんだけど。

あとで、

確かに目を離したあたしが悪いんだけど

じゃあ、

あたしは、初詣しちゃいけなかったのか?

お願いごとを、してはいけなかったのか?

と、自問自答。

そもそも、

初詣へ出掛けたのは、

長男がおみくじをひきたがっていたから。

おみくじだけひいて

帰れば良かったのか?

世の中、それでいいのか?

ヘルプマークという、

目に見えない障害をもつ人がつけられる

マークがあるらしい。

外出するときには

長男次男坊につけて歩こうか

思案中。

あまりにも知られてなさすぎる

自閉症のこと。

特に次男坊は

外に迷惑がかかることが

多あるし、

軽度だけど知的障害である以上

言って聞かせるにも限界がある。

でも、あたしがひとり親である状況だから

ひとりで二人連れて歩かなきゃいけない。

休日は外に出ないなんて

あまりに可哀想すぎる。

だったら

マークつけて

堂と歩く?

何か変な世の中やね。

怒る前に、何をしたのか

話してほしかったし

こちらの言い分だって話したかった。

一方的にまくしたてられたら

こっちに非があっても

イラッとくる。

あたしはあたしなりに

一生懸命やってんのに。

今回のことで何にびっくりって

神様の前で怒る人がいたことに

一番驚いた!(笑)

神様も、護ってくれてもいいのに。

神も仏もあったもんじゃない世の中やわ。