100万人の観客動員&x27;東方神起、5大ドーム公演に続き、6月に日産スタジアム公演

東方神起が100万人観客動員を予告した。

三回目5大ドームツアーを成功裏に終えたのに続き、日本公演歴史上初めで、

夢の舞台であるスタジアムで3日公演を開催して日本ライブツアーのフィナーレを飾る。

東方神起は去る21日大阪京セラドームで開かれた日本三回目5大ドームツアーの、

最後の公演を通じて来る6月8〜10日合計3日間横浜日産スタジアムで繰り広げられる、

東方神起LIVETOUR〜BeginAgain〜SpecialEditioninNISSANSTADIUM追加公演、

開催の便りを発表、5大ドームに続き一回当たり7万5千人余り規模の、

超大型公演会場である日産スタジアムで今回のライブツアーのフィナーレを予告して、

耳目を集中させた。

特に日産スタジアムで3日公演を開催するのは日本公演歴史上東方神起が初めて、

去る2013年海外アーティスト最初に日産スタジアム公演を広げたのに続き、

もう一度新しい記録に挑戦する。

これで東方神起は17回公演、78万観客を動員した三回目日本5大ドームツアーに、

日産スタジアム3回公演を追加、東方神起単一ツアー史上最大規模である、

合計100万人観客動員を予告して、絶えず自分たちの記録を更新して、

新しい道を作り出す東方神起の独歩的な地位を確認させてくれた。

一緒に東方神起は去る19〜21日3日間進行された大阪京セラドーム公演でも、

昨年12月発表した新しいシングルタイトル曲Reboot(リブート)からヒット曲Beginを、

再録音したBegin〜AgainVersion〜(ビギン〜アゲーンバージョン〜)まで、

合計27曲の舞台をプレゼント、約3時間30分間優れたライブと圧倒的なパフォーマンス、

派手な演出が交わった最高の公演をリリースして観客の爆発的な呼応を得た。

ドーム公演を終えた後ユノユンホは、

昨年再開した活動に大いなる声援を送ってくださって心より感謝申し上げて、

東方神起として責任感を持って新しい覚悟でより一層素敵な姿見せて差し上げる

と今年目標を伝えたし、チェガンチャンミンは、

東方神起がなければならない所は舞台の上だともう一度感じた。

今回のライブツアーを通じて永らく待って下さった皆さんとの再会を祝って、

完成できてうれしくて感謝する

と所感を明らかにした。

一方、東方神起は昨年11月北海道、札幌ドームを始め東京ドーム、福岡ヤフー奥ドーム、

名古屋ドーム、大阪京セラドームを巡回、海外アーティストで最初に三回目の、

日本5大ドームツアーを成功裏に終えたし、

ツアーフィナーレである日産スタジアム3回公演を残している。